東京半蔵門スポーツニュース
ワールドカップ

日本代表1-2イングランド代表闘莉王の先制点でゲームをコントロールした前半は日本ペースだった。後半ジェラード、ジョーコールなどおなじみの顔ぶれを投入したイングランドに引いて守る日本は終始圧倒されオンゴールの2得点で逆転負けした。
前回までの日本代表と違い気迫見られるプレーが目立ち、チーム内の士気はあがっているようだ。
■4−1−4−1が機能
阿部を守備的ボランチに起用した新システムが効いて、随所で阿倍のパスカットが光った。実質的には3バックの守備的戦術のようだったが、これで日本が予選突破できる希望が見えてきた。

関連ニュースリンク
【スポーツ報知】
オシム氏熱弁45分!日本を高評価、阿部らを絶賛
岡田監督が賭けに出た!4-1-4-1新システム!長谷部主将!
闘莉王魂弾!イングランドかすんだ!“2発”で主役
川島好守連発!ランパードのPK止めた!!
【日刊スポーツ】
岡田監督、守備評価も攻撃が
オシム氏が評価「どっちがイングランド」
【スポニチ】
闘莉王W杯も頼む!攻守に目立った存在感


南アフリカエリアガイド
スカパーでワールドカップを見よう!

[得点] 田中マルクス闘莉王

日本代表 イングランド代表
GK21川島永嗣
DF22中澤佑二
DF4田中マルクス闘莉王
DF15今野泰幸
DF5長友佑都
MF7遠藤保仁→ 玉田圭司
MF2阿部勇樹
MF17長谷部誠
MF18本田圭佑
FW9岡崎慎司 →森本貴幸
FW16大久保嘉人→ 松井大輔
GK1デイビッド・ジェームズ
DF5リオ・ファーディナンド
DF2グレン・ジョンソン
DF3アシュリー・コール
DF6ジョン・テリー
MF4トム・ハドルストン
MF11アーロン・レノン
MF8フランク・ランパード
FW7セオ・ウォルコット
FW9ダレン・ベント
FW10ウェイン・ルーニー